軽度認知障害(MCI)を早期発見する血液検査

こんな方におすすめです!

軽度認知障害を早期発見する血液検査のご案内

当院ではアルツハイマー型認知症の軽度認知障害を早期発見する血液検査を行っています。早期に発見できれは認知症に進行せず、認知症が治ることがあるからです。

2020年現在、高齢者のうち、5人に1人が認知症になるといわれています。認知症のうち、アルツハイマー型認知症は全体の60-70%をしめる認知症で、アルツハイマー型認知症を発症してから治療を始めても、効果を得られることが少ないのですが、軽度認知障害(以下MCI)のうちに生活習慣を改善したり、サプリメントを服用すれば、認知症への進行を防ぐことができる可能性があるといわれています。

また、MCIのうち、5年後には20%が本当の認知症に進行し、50%は現状維持、30%の方は回復するといわれています。軽度のうちに対策をしっかりとやっておけば軽度認知症は治る可能性がある!ともいえます。認知障害が軽度であるこの時期が大切なので、少しでも認知機能があやしいと思われる場合は、この検査を行い、血液検査の結果でMCIのリスクを4段階に評価、それに応じて対策を講じていくことが大切です。この時期を逸すると本当の認知症になってしまうことが多いので、MCIであるか否か、あるのなら、その程度はいかほどかを認識しておくことは、健康寿命をまっとうするためには大変重要な事であると思います。

なお、この検査はアルツハイマー型認知症の軽度認知障害を予測するものであり、血管性認知症やレビー小体型認知症等、その他の認知症については予測できず、全ての認知症の軽度認知障害について予測できる検査ではありません。

価格 \22,000(税込み) 保険診療外
結果 2〜3週間後に結果がわかります
詳しい検査結果サンプルはこちら[PDF]

まずは当院までご連絡ください。来院日を予約していただき、来院時に検査についての説明と血液検査をさせていただきます。検査結果がわかる頃に再び来院していただき、医師が結果説明と生活面でのアドバイスをいたします。

30代から始める認知症回避

トップページに戻る