漢方外来のご案内

初診時のみ完全予約制となっております。
詳しくは当院までお問い合わせください。 0564-62-5225

初診時必要書類(漢方外来問診票)

また、初診の方は下記の書類をダウンロードして印刷の上ご記入いただき、診察時にお持ちください。

ステキ!漢方実際の漢方症例漢方Q&A漢方の師匠アトピー性皮膚炎

ステキ!漢方

1.漢方って何がいいの?

西洋医学

レントゲンやCT検査や血液検査など、最新の医療機器を用いた検査の結果をもとに、診断をします。そして頭痛なら鎮痛剤、肺炎なら抗生物質、胃潰瘍なら制酸剤と、いわばピンポイント攻撃、もぐら叩きの如く、その症状を抑えるくすりを飲みます。急性病、感染症、生活習慣病(高血圧、糖尿病、高脂血症…)はこちらが適しています。

漢方医学

病気は身体が本来の調和を失ったときに起こると考えられて、診断はバランスを崩してしまったところを探します。

心身を癒しながらバランスを考える。「そしてバランスがプラス(陽)に偏っているならそれを引き下ろすものを、マイナス(陰)に偏っているのならそれを引き上げる薬を、それぞれの患者さんの体質にあったものを処方します。まあ、イコライザーの端子が無数にあり、それらを全てニュートラルに戻して全体的なバランスを中庸にもっていくものが漢方と思っていただいても良いかも知れません。

2.「医者からは気のせいと言われ…」…よくありますよね

「いろんな症状があっても、検査では全く異常がない」
「医者からは気のせいと言われ…」
…よくありますよね

「朝、なんとなく元気が出ない」「仕事に根気や集中力が沸かない」「頭痛、動悸やめまいがひどくて動けなくなる」「手足など、体にだるさを感じる」と言う自覚症状があっても、レントゲン検査や血液検査・心電図などの検査で、何も異常が発見されないこともあります。こういった、検査結果では異常が発見できない自覚症状を改善していくのに、漢方治療は非常に適しています

3.あなただけのオーダーメイド治療

診察は症状と関係ないことを聞いたり(たとえば、頭が痛いといっているのに、便秘気味ですか、冷え性ですか…などなど)、おなかは痛くないのに腹を触ったり、舌を見たりと、うんっ?と思われるかもしれませんが、これはあなたの体質を調べ、体のバランスを崩しているところはどこかを見極めているのです。そしてあなたに最も適したお薬を処方します。例えば鎮痛剤は、「痛ければ」その体格、暑がり寒がり、胃腸の丈夫さ、などに拘わらず誰でも一緒ですね。ところが漢方の場合には100種類以上の中からあなたにぴったりのものをお出しいたします。ちょっと優越感っ…・悪くないでしょ?

4.心身を癒しながら治していく

〜少ないくすりで、やさしく・安全に・お安く〜

西洋薬は、各々の症状に対し、モグラタタキ的な攻撃的な治療。症状が多いほど薬は増えるし、飲む期間が長ければ副作用のための新たな病気が生まれることもある。副作用防止のための薬や副作用のための薬と・・どんどん多くなってきてしまう

たとえば…頭痛、はなみず、熱、せき、たん、下痢、胃のもたれ

西洋医学――
解熱鎮痛剤、せきどめ、はなどめ、下痢どめ…と症状の数だけくすりが処方されることもしばしば。

漢方医学――
参蘇飲 これのみで全ての症状に対処できるのです。 一方漢方薬は、体のアンバランスを治しながら、本来の自然治癒力を高めていきます。 〜いろんな病気をまとめて治せちゃう!〜 1種類の薬が通常複数の効き目を持っています。そのため一種類の漢方でいろいろなを症状に病気に効果があります(異病同治)。費用も安くすみ、副作用も少なくって、これからの医療費高騰の時代にもってこいかも。  
(例)手足ほてり、糖尿病、高血圧、排尿障害、腰痛、坐骨神経痛、セキ、骨粗鬆症、陰萎、のどの乾き

八味地黄丸、これだけで全てOK!

5.漢方とハリ灸の絶妙なコンビネーション

「ハリ灸っていうと、腰痛とか肩痛とか頭痛がある人がするものって  イメージがあるんだけど…」

「う〜ん、確かにどこかに痛みがある人にすることが多いけど
めまい、耳鳴り、動悸、息切れ、胃腸虚弱、疲れやすい…不定愁訴にもよく効くんです!」

「ハリ灸も漢方と同じように、気の流れ、血の流れ、水の流れを整わせて治していくのです。」 一番いいのは、これらの症状が強いときにはハリ灸&西洋薬で急性期症状を鎮めて、漢方を飲みながら 体質を軌道に乗せていくっていうのがベストですね」

あっちがダメなら、こっちでやってみましょうか〜

6.漢方薬を飲んだことがあるけど、効きませんでしたが…

漢方薬を処方する医師は最近急増していますが、漢方専門医はまだまだ少なく、多くの医師は西洋医学の感覚で漢方薬を「症状」で選んでだしています。本来の漢方治療では意外と思われるでしょうが、頭痛ならこの薬、めまいならこの薬というように「症状」で薬を決めるわけではありません。

例えば、病気に対して闘える基礎体力は、胃腸は丈夫か、暑がりか寒がりか、のどの乾きは、汗をかきやすいか、大便や小便はどうか、食欲はどうか、300種もの質問から患者さまの体質を診断して、更には顔色、話し方、声の力強さ、舌の所見、おなかや脈を触った感触、ベテランになると直感的に感じる“第六感”などなど、症状とは関係がなさそうに見えることまで含めたおびただしい数の情報を有機的に総合判断したうえで、患者さんを漢方独特の概念で分類し(これを、“証”と呼びます)薬を使い分けるのです。ですから、証が合わないのに飲んでも効くはずはありません。

ホンマもんの漢方医は…
「症状と関係なさそうなことをいっぱい聞いてくる」
「舌を見る、脈を触れる、お腹を触る」

ページの先頭に戻る

実際の漢方症例

22才 Y.Nさん「生理前はいつもブルーです…月経前緊張症候群・生理痛」

生理前になるとだるく、頭痛、眠気、めまいがひどっくって・・生理の痛みはくすりでなんとか治まっているけど他の症状はよくならないし、体質だって思って諦めていたけど漢方なら治るって聞いたことがあって・・

骨盤の中の血のめぐりがわるいのと、体の中の水分が偏在していて冷えているのが原因だといわれました。そこでこれらを改善する漢方を処方してもらったところ、2週間後には「生理前の症状が少しよくなった」。更に4週間後「今回の生理は、痛みもなくイライラもなく快適でした」現在も、体を冷やさないように食事に気を付けながら服薬を続けています。何と言っても生理痛以外にもこれらの症状の多くがなくなったのがとっても嬉しいです。だって月の半分は憂鬱で何もやるきがおきなくって無気力だったのが、それから開放されたんですから…もっと早くから飲んでいればよかった。

28才 R.Kさん「なんでカユミなんてものがあるの? 神様のイジワルっ!」アトピー性皮膚炎

子供の頃からひどいアトピー性皮膚炎で、お決まりのカユミ止めのくすりとステロイドの塗り薬を使っているんだけど、最近ではステロイドの副作用で皮膚は象皮みたいに分厚くなってくるし、塗るのを止めたときのリバウンドがひどい。一生ステロイドを使っていかなければいけないと思うと不安でしょうがないです。体質を変えていき、いずれかは薬なしでもアトピーが治っていく治療法はありませんか?

最初の一ヶ月は漢方で地固めの時期でステロイド塗り薬も併用していきました。徐々に赤みや吹き出物が少なくなりました。そこで少し弱いステロイドに変えることができました。まだ不安定な時期でよくなったり悪くなったりで、その都度くすりも何種類か併用または変更してその時々の体調に合わせていきました。3ヶ月後にはステロイドが要らなくなりました。てっきり原因はアレルギーと思っていましたが、どうやら東洋医学でいうところの「冷え」「水毒」が原因だったとは…驚き!

52才 M.Kさん「ごはんが美味くない毎日が憂鬱っ! 慢性疲労症候群」

最近、とくに何をするでもなく疲れやすく、食欲もあまりわかないし、すぐおなかが張って胸苦しい。寝つきが悪く怒りっぽくもなってきた。病院からは7種類もくすりを貰って飲んでいるけどさっぱり効かない。

漢方薬だけで治療を始めたところ、2週間を過ぎたあたりから倦怠感も和らぎ、食欲もでてきて胸苦しさは気にならなくなってきた。イライラに対しもう一剤追加したら1ヶ月ごろからこれが効いてきて、食事がおいしく食べれらるようになってきた。しばらく飲んだあと休薬したけどなんともなかった。いまはこのお気に入りのくすりを調子が悪いときだけ飲んでいる。かぜをひきやすいのは胃腸虚弱が原因といわれ、秋冬のシーズンにこれを飲み続けたら、その年は風邪をひかなかった!

73才 K.Yさん「そろそろ色々とガタがきたようです。内からリフォームしましょ」膝痛、腰痛、肩こり、坐骨神経痛

もう長年、膝痛、腰痛、坐骨神経痛があって整形外科に通っているんだけど、鎮痛剤のんで湿布はって電気あててるけど、やったときは効いた感じもするんだけどすぐ元に戻ってしまう。最近じゃあ痛み止めの飲みすぎで胃が痛くてもたれて食欲もないし、おまけに腎機能も悪くなってきているみたい…。なんか、もぐらたたきでどんどん体は悪くなっていくし、せめて薬だけでも減らす何かいい方法ないかなあ?

体の冷えが一番の原因ということで、まずは背中にお灸をして、足にはハリをうってもらい、冷えをとり代謝を活発にする漢方を飲みました。しばらくすると胃の調子もよくなってきて2週間くらいで少しずつ体の冷えが取れてきて、なんだか立ちくらみや頭痛までよくなってきたようです。お灸とハリを週に一回繰り返してしてもらい、痛み止めを飲む回数もかなり減っているようです。まだ多少動き始めが痛むこともありますが以前と比べれば段違いです。一ヶ月たつと薬が体になじんできた感じがしました。2ヶ月とたつとほとんど鎮痛剤は不要になっていました。今は日に一回漢方を飲む程度です。

81才 T.Mさん「元気ハツラツで艶っぽいおばあちゃん 何が秘訣なの?」

いつも下半身がだるく冷えて、残尿感や不快感があって、足の裏の火照り、かすみ目、耳鳴り、腰痛・・最近ひどくなってきた。年のせいだと思うけど何とかならないかネエ?

どうも腎虚といって生命エネルギーが不足しているとのこと。腎気丸を飲みはじめました。1週間までは大した変化は無くやっぱ駄目か・・と思っていたけど、それを過ぎるころから徐々に良くなってきましたっ。3ヶ月たったいま、嫌な症状はかなり少なくなり、なんだか元気いっぱいになってきて、見事にかぜもひかなくなった。老化防止には黒豆、ひじきとかの「黒いもの」がいいそうで、これらを食べるようにしています。薬膳効果もあるようでカラダはすこぶる好調です。

56才 H.Kさん「カラダがおかしくなってしまった… 更年期障害」

う〜ん、何かしら疲れる、のぼせる、冷える、頭痛、めまい、耳鳴り、肩こり、動悸、イライラ、足がだるい、…いろいろと検査しても異常は見つからないし、お医者さんからは「自律神経失調でしょう」「更年期だからね〜」「様子みましょう!様子」と、かわされてしまうし…。とりあえず薬をのんでるけど、ゼンゼン効かないしネエ。でも「病気じゃないっ」て言われてもツラいのよね〜。やっぱ、こいいうのってしょうがないのかしら?

更年期障害の症状が強いためハリをうってもらい、その後に漢方薬を服用しました。服用後1週間で少し手ごたえを感じました。2週間たつとあれほど辛かったこれらの症状がほぼ消失。おまけに活力は沸いてくるし便通まで快調となりました。婦人科でホルモン補充治療もしてもらったけど、どうにも辛くってやめました。最初は漢方なんてホントに効くのか半信半疑だったけど、今では飲むのが楽しみです。

ページの先頭に戻る

漢方Q&A

漢方薬と西洋薬を併用しても大丈夫ですか?

通常は問題ありません。西洋薬の副作用を軽減するために漢方薬を用いたり、漢方薬が効いてくるまで西洋薬を併用したり、併用によって治療がよりうまくいく場合も多いのです。症状が強いものだけに対して西洋薬を使い、マイルドな症状には漢方を用いたりします。

漢方薬って、とっても苦いでしょ?

意外に苦いモノは少ないです 漢方のエキス剤は約150種類ありますが、このなかで本当に苦いものは比較的少ないのです。御心配ありません。処方する前に「苦いですよ」とお伝えします。みなさん、シロップやハチミツを入れたりオブラートに包んだりと、工夫して飲まれています。また、体に合っているものなら不思議と苦味も感じなくなるものです。体が要求している場合それほど苦にならないものです。無性に「いつもは食べたくない酢の物が急にほしくなること」ってあるでしょ? それと同じです。

どんな病気に効くのですか。

西洋医学でまだ決め手となる治療法がない病気、西洋医学的な治療では副作用などのために治療に耐えられない場合など今までの、西洋薬では今いち効きが悪い場合更年期障害、自律神経失調、慢性関節リウマチ、気管支喘息アトピー性皮膚炎、慢性肝炎、冷え性、胃腸虚弱、慢性膀胱炎、生理痛、腰痛・頭痛・肩こり・膝痛が目立ちます。

漢方で何でも治せてしまうの?

いいえっ! もちろん苦手分野もあります。

高血圧、高コレステロール、糖尿病などの生活習慣病

肺炎、腎盂腎炎などの感染症

脳梗塞、心筋梗塞、狭心症などの急性期疾患

確実に血圧や血糖を下げる漢方薬はありません。次に肺炎や腎盂腎炎などの重い細菌感染症。抗生剤にかなう漢方薬はないと思います。また、脳梗塞や心筋梗塞。発作後間もない時期には、漢方が使われる機会は非常に少ないでしょう。

なお初診時の問診表に「できるだけ漢方薬だけの治療を希望する」「できるだけ西洋医学の薬だけの治療を希望する」「組み合わせた治療を希望する」「鍼灸を取り入れて欲しい」などの希望を記入してください。ご希望に沿う治療方針とさせていただきます。

漢方薬は値段が高くつくと聞きますが…

ゼンゼン高くありません!当院では漢方治療も保険診療で行っていますので、そのような心配はご無用です。漢方薬と西洋薬とを比べれば、漢方薬のほうがずっと安い場合がほとんどです。薬代だけいうと、生薬の種類にもよりますが平均5000円程度です。これを街中の漢方薬局や自費での医療機関にかかると、その支払がウン万円になるのです。これが毎月となると結構な出費ですよね。「お金が高くて・・」「漢方を保険でやってくれると聞いて…」と、当院に来院される患者さまも結構いらっしゃるくらいです。

漢方薬に副作用はないのですか?

漢方薬は副作用が無いからいい」と思っておられる方が圧倒的に多いと思いますが、残念ながら漢方薬も生薬ですから、まれですが副作用がありえます。

たとえば食欲がなくなったり、おなかがもたれたり、下痢気味になったり、皮膚がカユいなどは稀にみられます。また、甘草(かんぞう)という生薬に含まれるグリチルリチンという成分のために、血清中のカリウムの値が下がり、浮腫んで、血圧が上昇する、などの副作用が現れることがたまにあります。甘草は多くの漢方薬に配合されているだけでなく、仁丹や調味料などにも使われているため、知らぬ間に大量の甘草を服用する結果になっていることがありうるのです。

これらの副作用は西洋薬のそれに比べれば軽いですし、西洋薬と異なり服用を中止すればすぐに治ります。また漢方薬が原因とみられる肝障害、間質性肺炎などの重い副作用もとっても稀ではありますが、報告があります。これらの副作用は、漢方専門医ではない医師が処方した場合に特におきやすいといえるでしょう。それは証(体質や病状)を考えずに症状だけで漢方を処方したり、これらの基礎知識が無いのに漢方薬を扱うからです。

 

その人に合わない薬が処方された場合には、生体はそれを拒絶しようとしますから、副反応を呈することは至極当然なことであります。しかし、漢方に精通している医者から処方してもらえば、副作用はまず心配ありません。ですから、“漢方がなんとなく良いような気がする”“漢方は副作用が無く安心だ”と、「漢方薬でも(・・)出しておきましょうか?」と簡単に言ったり、症状を伝えただけで、それらしい診察も無く漢方を出す医者からは、貰わないことです。

友人に勧められた漢方薬を出してもらえますか?

それが、あなたに適した漢方薬であれば喜んで処方いたしますが、ただ、“〜にいいと聞いたから飲んでみたい”というだけで、おだしすることはできません。西洋薬では決してそのような事はなさらないですよね? 漢方薬も生薬というクスリですから、それと同じです。

それに、漢方薬はオーダーメイドの服のようなもので、患者さんに合わせて処方するものだ、ということです。服なら似合わないで済みますが、薬ですから、副作用が出てしまい具合が悪くなることもありえます。ですから、他人の薬をもらって服用したり、自分の薬を他人に勧めたりは決してしないで頂きたいのです。

やはり、漢方薬は長く飲まないと効かないのですか?

そんなことはありません!漢方に対してもっとも誤解されているハナシのひとつですね。かぜなどの急性期疾患ではたった一服飲んだだけで、スーッと良くなる場合がよくあります。いちど漢方薬の切れ味を体験すると普通の西洋薬の風邪薬などかったるくて飲めませんよ。ちなみに私は、漢方を始めてから風邪で漢方薬以外を飲んだ事は一度もありません。

また、ひき始めで飲んで2日以上続けて飲んだことがありません。それほど早く良く効くのです。痛みや吐き気やめまいなど急な症状な場合でもそのようなことはよくあります。確かに、冷えや胃腸虚弱などの体質改善では数ヶ月間のまないと効果ははっきりと現れませんが、そのような場合でも基本的には何らかの手ごたえは少なくとも服用後2週間以内には出てくることが多いです。

なんでもかんでも漢方は長く飲まないと効かないという人がいたら、それは全く漢方を理解していないか、やぶ医者ですからやめたほうが賢明です。前医で何ヶ月も漢方を飲んでいるの全く変わらないので、疑問に思って尋ねたところ、「漢方はそうすぐには効かないから」と言われたけど、・・当院に来院される方もみえますが、全くとんでもない話です。ただ単にくすりが合っていないだけなのです。

街中の薬局と病院でもらう漢方薬って何が違うの?

まず値段が高い。街中の薬局の漢方薬は、医療保険が利かないので値段が非常に高い。煎じくすりなら尚更そうである。

そして効きが悪いことが多い。ドラッグストアに置いてあるような誰でも買うことのできる漢方薬は、安全性を高めるため、薬の濃度を薄めてあるので効きが悪い。例えば葛根湯!…生薬の質がかなり違い、しかも有効成分は医療用の半分以下らしい。当院でもらった葛根湯を飲んで、こんなに効くとは思わなかった!似て非なるもの・・という話はよく聞く。わたしも風邪の時、これを実際に飲んでみたが、規定の3倍量を飲まないと効果がなかったという経験がある。また重大な病気を見逃すことが充分ありうる。

我々は医者ですが、漢方薬局の先生は薬剤師ですから病気の診断ができません。奥に「がん」「心臓病」「脳卒中」の様な重大な病気が隠れていても分かりません。現在は江戸時代ではないのですから、西洋医学でないと治すことができない病気を見逃すなんてことは許されません。ですから、病院に行ってきちんと診断をうけた上であれば、また単に虚弱体質や冷え性を治したいという場合ならば、街中の薬局でも大きな問題は無いですが…。

漢方薬って、粉薬と煎じ薬とは、どう違うの?

煎じ薬は、植物などの根っこ、茎、花びらなどの生薬をそのまま水で、ぐつぐつ煮て飲むお薬のことで、本格的な漢方薬です。

一方、粉薬はエキス剤ともいわれ、煎じ薬で出来上がったエキスのみを抽出して粉薬にしたものです。簡便性では、煎じる手間が無く、どこでも服用できるエキス剤に軍配が上がりますが、効力では煎じ薬の方が数段上です。よく比喩されるのが、エキス剤はインスタントコーヒーで煎じ薬は本格的なドリップコーヒーであるといわれます。

また、エキス剤は出来合いなので、薬を何か抜いたり、加えたりなどのオプション応用が効かなく、煎じ薬はそれが可能であるため、本当の意味でのオーダーメイドといえます。両方ともにほとんどが保険適応になっていますので、それほどお値段は変わらず、このため、煎じ薬は高いというイメージがあるかと思いますが、モノによってはエキス剤の方が高くつくこともあるくらいです。

ページの先頭に戻る

漢方の師匠

漢方の師匠

私には、二人の漢方の師匠がいます。

山田光胤先生は、日本を代表する漢方界の重鎮で、知らない人はいないほど御高名な先生です。

また漢方界のオールスターが勢揃いする東京の金匱会診療所の所長をされており、数年前までそこで毎月研修をさせていただいていました。

織部和宏先生は、わたしを漢方の世界に導いてくださった先生で、先生との出会いがなければ決していまの私はありません。九州で御開業されているのですが、日本東洋医学会評議員などの要職も兼任されていて、講演会にも引っ張りだこで全国を飛び回られており、全国的にもかなり有名な先生です。

漢方に精通してみえることは勿論ですが、これを現代医学的に運用したりと、漢方を縦横無尽にお使いになられるスーパーマンのような先生です。

数年前まで先生のクリニックで毎月研修させていただいていました。

ページの先頭に戻る

アトピー性皮膚炎

Adobe Readerのダウンロード

PDF (Portable Document Format) ファイルの利用には、アドビシステムズ社から無償で配布されているAdobe Reader等のアプリケーションが必要になります。
最新のAdobe Readerプログラムを入手する

ページの先頭に戻る